読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2週間で-4kg】「母乳が出るわたしと、出なくなったわたしと」

f:id:sanitam:20160624015616p:plain

んにちは、無事安産で息子を迎えることが出来ました、史(あや)です。

久しぶりに筆をとる、、というかタイプするので何から書こうかと思ったのですが、今日は産後初めて困ったことについて書いていこうかと。ということで、テーマは「母乳」。産後すぐ母乳が出たわたしがしてたことと、その母乳をストップさせたお話について書きます。

 

 

実は今日、シャワーのように出まくってた母乳が急に出なくなりました。

…というと大袈裟な言い方かもしれませんが、最近食欲が一気に落ちて母乳の量が減ったように思います。

 

産後すぐ初乳が出て、産後2日目には大量の母乳が出るよになったわたしだったので結構びっくりしたのですが、産後2週間経った辺りから食欲が一気に落ちたんですね。産前に比べたら半分くらい減りました。思ってた以上に母乳を出すことにエネルギーがいることや、子供の様子を気にしながら1日を過ごす中で気が張ってたことが原因なのかなとは思います。

 

初乳〜乳首の穴の開通が早かったのは、妊娠8ヶ月あたりから母乳マッサージを始めていたからです。産前1ヶ月前には、すでに母乳がでるようになっていました。おかげで産後すぐの初乳を飲ませることに成功しましたが、母乳が出なくなり泣く我が子を見てはじめて悲しい気持ちになったんですね。あぁ、この子は私の身体を以って生きているんだなあということに気付かされました。

 

子供が出来て大きく変わった心境の1つに「この子のために、今何ができるだろう?」という意識が強くなったところがあります。今まではお腹の中にいて、確かに彼のための食事だとか、彼の健康のためにこれをしようという気持ちはあったのですが、産まれてからの意識とは格段に違っていて。やっぱり毎日の成長の手伝いをしている分、リアルさが全然違うなと感じます。

 

今までムリや溜め込み過ぎな部分があったわたしも、結局それが子供にとって悪影響なんだということを悟り、無駄に遅くまで起きることもなくなりましたし、休むときはしっかり休むようにもなったのは大きな変化です。

 

子育てって気が張るし、やること増えるし、たいへんってイメージもあるけど、

子供のおかげで自分という人間が、今までどんな感情を以って生活してきたのかとか客観的に考えるきっかけにもなります。だからすごく楽しい。

 

なんだかまとまりない文章になりましたが、

最後にまとめると・・・

 

母乳が出るためにわたしがしたこと

①産前の母乳マッサージ

②産後は毎日母乳を吸わせるようにする

③母乳を飲む息子に声をかけまくる(←これは実際きくかわかりませんが気持ち的に)

 

母乳がでなくなったわたしがしてたこと

・食事(特にご飯)をあまり食べなくなったこと

 

 

こんな感じです。

ちなみにわかりやすく言うと、産前の76キロから10キロ減って、現在66キロまで落ちました。産後すぐの体重が70キロだったので、2週間で4キロ落ちたことになります。良いのか悪いのか・・・明日からもぐもぐ食べれるようにメニューも工夫したいと思います。とにかくおにぎりを、食べよう(笑)

 

 

明日も洗濯日和でありますよう。