読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「毎日ラブレターを書いて感じたこと」

f:id:sanitam:20160501180511p:plain

 

んにちは!史(あや)です。

 

ブログを書くようになってから、全く見ず知らずの方にまで読んでいただける楽しさを感じています。自分自身、日記やメモのようにブログを使っているので、いづれ誰かの役に立つ記事が書ければいいな〜とぼんやり思うこの頃。

 

さて、タイトルにもあるように

実はですねラブレターとやらを毎日出してみたんですよ、全部違う人に。残念なことに主人には一通も書いておりませんが笑、うちに来てくれたゲストの方や、お世話になった方にポストカードを書いて後日お送りしておりました。やってみたのは4月の1ヶ月間。会った後日に手紙とか届くと嬉しいかなーと、これまた気まぐれで始めたものです。

 

ということで、今日は1ヶ月間、毎日誰かに手紙を出して感じたことを書いていきますね。

 

 

①単純に手紙書くの好きだわ、わたし

幼少期から毎年ラブレターを書いていたわたしですが(=バレンタインは毎年違う男の子。爆)、想いを手書きの文字で伝えることが好きだな〜と気づかされました。手紙の醍醐味は、やっぱり手書きであること。ワープロ文字よりも味が出るし、一人ひとり字体や大きさが違うので個性が出ます。よーく見てみると字体で性格や気分も読み取れちゃったりするので手書きって本当おもしろい!

 

 

②どっしり書きたいときは「筆ペン」で!

今回どの手紙にも共通して使用したのが筆ペン。同じ文字でも重量感が出るので書く身としても書きごたえがありますし、もらう側としても何だか特別感があるそうです。ボールペンよりかは書きにくさがありますが、慣れてしまえばこちらのほうが字が綺麗に見えるかも?笑

 

 

③オリジナリティさが好評を呼ぶ

せっかく出すので、今回はハガキにイラストを描くという形をとることにしたんです。私自身絵を描くことが好きなので自然に行っていたのですが、これが結構好評で喜んでいただけて。1ヶ月間、似顔絵を中心に描いたのでイラストを描く際に、特徴を捉えるスピードが早くなった気がします。輪郭→髪型→眉→鼻→口や耳…順番も固定にしたのが良かったのかも。おかげで少しだけ絵が上手くなった気になってます。笑

 

 

 

④【案外困った】ハガキに文がおさまらない

ハガキの場合、便箋のように何枚も書いていられないのでぎゅぎゅっと文章をまとめなくてはなりません。もともとべらべら話してしまう性格だからか、何も考えずつらつら書いているとあっという間に下の段までいっちゃうのに気づきました。ブログでもそうですが、短い文章でいかに濃い文章を書けるか、というのがわたしの目標でもあるので、手紙を書きながらブログに活かす際もしばしば。今まで手紙を書く際に下書きをすることなんてなかったのですが、今回はPCのメモ帳機能で下書きを書いてから本書きに入るようにしました。

 

 

■まとめ■ 

近年はメールやLINEで近況報告ができる時代になりましたし、遠方に住んでいてもやりとりが簡単にできるようになりました。ただ、そんな中でもアナログさを大事にすることで何だか少し心があたたかくなる気がします。手紙を書く楽しさと同時に、限られた中で文章を書く難しさも感じたので、ブログと同時にたまには手紙を書くのもいいなと思わされました。もうすぐGWも終わりますね、里帰りしてる皆さんはこれを機にご両親へのメッセージを送るのはいかがですか?

 

 

あ、そういえばもうすぐ母の日ですね!

せっかくなので母の日用にお手紙書くのもありですよ!ついでなので、おすすめの花屋さん紹介しますね。

 

www.instagram.com

 

送る人がどんなヒトかをお話しすれば、お花のカラーや形、花の由来などを考えてオーダーメイドの花束を作ってくださいます。わたしは東京都民ではないので、テレビ電話で注文をさせていただいたのですが、とりあえず美人さんで笑。丁寧にお話しを着てくださったのでとても好感が良かったです。母の日以外でも、開業祝いやお誕生日などに利用されるかたも多いみたいなので、よろしければどうぞ!

 

 

 

さーて、今日は誰に手紙を書こうかな!